矢沢あいの現在の病状は?NANAの再開は?矢沢あい展で復帰!

タイトル エンタメ

天使なんかじゃない」や「ご近所物語」「Paradise Kiss」「NANA」の著者で、大人気漫画家の矢沢あいさん。

2009年の「NANA」連載中に体調を崩し、現在も休載中となっています。

この記事では、以下のことをまとめています。

  • 矢沢あいの現在の病状
  • NANAの再開は?
  • 2022年矢沢あい展開催!

矢沢あいの現在の病状

休んでいる女性

矢沢あいさんが、2009年に「NANA」の連載休止を発表してから、13年が経ちます。

病名は明らかにされていませんが、矢沢あいさんが完全予約制の女性専門医療センターに入っていく姿が目撃されています。

そこは、女性の心と体の健康のための医療センター。スタッフもすべて女性で、各科の専門医が連携をとりながら、診療にあたっており、女性に人気のあるセンター。

「NANA」の連載当時は、毎日睡眠時間が2時間しかなかったとのこと。

そのせいで、自律神経がおかしくなったり、ホルモンバランスが崩れて、体調が悪くなったのではないかと思われます。

ファンの間では、重病説もささやかれていましたが、矢沢あいさんは「決して治らない病気にかかっているわけではないので、どうか私に時間をください。この矢沢あいを信じて、ファンの方には見守っていただけたらなと思っています。」とコメントしています。

治らない病気にかかっているのではないと、重病説は否定されています。

担当医師にも、「気長に治療をすれば少しずつ回復していく」と言われているそうです。

2022年現在も、漫画家としての復帰は未定のようですが、「以前より体力も取り戻せているように感じており、今後は体調管理しつつ、少しでもまた作品を描いていけたらと思っています。」とのことです。

以前より、快方に向かわれているようですね。

NANAの再開は?

幸せな女性

矢沢あいさんは、病気のために2009年6月に「NANA」を休載しています。

休載から13年経った今でも、再開の目途は経っていません

ですが、2017年にInstagramを開設されたり、JUJUのMVイラストを担当し、書き下ろしのイラストを公開しています。

漫画家として復帰はされていませんが、イラストを描くお仕事はされています。

連載漫画となると毎月の締め切りがあり、2時間睡眠だったということなので、体調のことを考えると再開はまだ難しいのかもしれません。

ですが、少しずつお仕事をされているので、「NANA」の再開もそう遠くはないのでは?と思います。

矢沢あい展で復帰!

展覧会

矢沢あいさんの復帰を心待ちにしているファンのもとへ、朗報が届きました。

ALL TIME BEST 矢沢あい展」の開催!

数々の名作を生みだした矢沢あいさんが総監修を務めた、初の展覧会

展覧会へ足を運んだ人たちからは、「もう感無量胸いっぱい幸せ空間すぎた…」「まじと途中泣きそうになってやばかった…同じ時代を生きれただけでまじ幸せ」と、感動の声が相次いでいます。

今回、この展覧会を開催した経緯について、「不安もありましたが、再開を心待ちにして下さっている読者の方々に、少しでも楽しんでもらえる場が作れたら!」と思い、開催を決意しました。と語っています。

病気療養中の中、ファンを大切にする矢沢あいさんの気持ちが伝わってきますね。

まとめ・矢沢あいの現在の病状は?NANAの再開は?矢沢あい展で復帰!

たくさんの風船

矢沢あいさんの現在の病状・NANAの再開についてまとめました。

  • 完全予約制の女性専門医療センターに通院していた
  • 矢沢あい本人が、重病説は否定
  • 2022年現在も、「NANA」の連載再開予定はない
  • 2022年、初の展覧会「矢沢あい展」開催

漫画家としての再開は未定ですが、少しずつイラストのお仕事はされています。

矢沢あい展も開催されているので、体調しだいでは「NANA」が再開される日も近いかもしれません。

無理をなさらず、少しずつ活動をしていってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました